Lily

岩ケ崎高校に在学中の4人チーム。チーム名の「Lily」とは「百合の花」。

百合の花言葉は 「純潔」 「無垢」 「威厳」  ことわざでも「たてば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」というように、女性的なイメージがあり、結婚式の主役である花嫁を百合の花に重ねています。

 

テーマは 「日常×非日常=?~アットホームウエディング~」

このプランのビジョン/大切にしたいことは 『新郎・新婦 両家のつながり』

 

親戚となっても冠婚葬祭ぐらいしか顔を合わせることがない。顔をあわせてもよそよそしく挨拶する程度。

非日常である結婚式の場で、両家の日常を五感で感じることができる結婚式

それは両家の絆がうまれる結婚式 

 

 

“味覚” 両家の家庭料理を味わいます。 “聴覚” 栗原の自然の音を聴きます。 “視覚” 温かみのある空間を感じます。

両家の日常を五感を通して感じる、新郎・新婦・両家の親戚・みんなが嬉しい結婚式

 

 

「日常×非日常=? ~アットホームウエディング~」はそんなウエディングプランです。 

 

 

💜こんにちは。Lilyの高橋 葵です。

プレゼンお疲れさまでした。そして商研部さんおめでとうございます!それぞれが今までの成果を発揮できたプレゼンだったと思います。どの企画もそれぞれ違った良さがあって、聴いていてとても楽しかったです。最初のミーティングからここまで来れたと思うと、感慨深く感じました。長いようで短かい時間でした。

 

このプロジェクトに参加したのは、友人に誘われたからという理由もありましたが、「自分を成長させられるのではないか」と思ったからでもあります。元々大勢の前で発表したり、人と話したりするのが得意ではなかったのでいつか変えたいと思っていました。そんなとき、このプロジェクトの存在を知って「チャンスだ!」と思いました。さっそく説明会に行くと他に人が来ていなくて、焦りました。一人だけで緊張しましたがスタッフの方々がとても親切で楽しい人ばかりで、帰るときにはすっかりやる気になっていました。

 

最初のミーティングでも自己紹介はやっぱり緊張しましたが、回を重ねるごとに毎回のミーティングが楽しみになっていきました。仲間とアイディアを出しあって、話し合い、時には意見がぶつかることもあったけれど、そうやって企画を作っていく時間はとても楽しく、充実していました。人が違えば視点も変わる。そうして企画されたウェデイングは、それぞれの個性や考え方が表れていて、魅力のあるものばかりでした。

ミーティングを終えてみて、前の自分と変われた気がします。前よりも、人の前で話すことが苦にならなくなりました。緊張することも少なくなりました。沢山の人と関わることができて嬉しかったです。様々な経験と楽しい時間を、ありがとうございました。

とても実りのある時間でした。ここで経験したことは忘れません。本当にありがとうございました!

 

 

 

💗松田 祐香

惜しくもグランプリを逃してしまいましたがとても楽しく、貴重な経験が出来ました。この経験を将来にも活かしていきたいです。メンバーやいろんな人の力を借りなきゃできないプレゼンだったので、本当にみんなに感謝しています。ありがとうございました。

とても楽しかったです😊

 

 

 

💛氏家 沙映

2位という結果でしたが、それ以上に意味のある体験ができました。みんなで協力して作り上げる大変さ、楽しさ。これからの生活にも活かせるようにしていきたいです。ありがとうございました!

 

 

 

💚狩野 渚

私達がつくったウエディング賞品は優勝することができませんでしたが全体では2位という結果だったのでなかなかいい結果だったと思います。とてもいい経験になりました。楽しかったです。